見れば見るほど欲しくなる顧客心理を刺激する写真

写真は“購買意欲”を高める
男性なら車やカメラなどのカタログ。女性なら生活雑貨屋ファッション雑誌。どんな媒体にも必ず、魅力的な写真が掲載されていて、見れば見るほど欲しくなるもの。実際に私も、カメラのカタログをみてるうちに、この機材があれば、こんなこと、あんなことができるのではないだろうか?と想像が膨らみ、少々高額でも何とか買おうという考え方に変わっていきます。文章での説明はもちろん必要なのですが、購入するしないの決め手は写真を見て、実際のものを手に取り、そこで購入というケースが非常に多いです。これは商品購入に限った話ではありません。お店を選ぶ時、住宅を購入する時など、写真はいろんな場面で必要です。見れば見るほど欲しくなる写真。そんな写真作りにこだわり撮影しています。

商品撮影担当
城岡崇宏

 

撮影前はブランディングの共通認識から

『カメラマンに撮影を依頼したけど、イメージと違う写真だった』このようなお話もよく耳にします。イメージの違いが起きてしまう理由は、ブランディングについての共通認識を持ってないからです。

私たちも頑張って撮影した写真が使い物にならいとなると正直気持ち的なダメージは大きいですし、クライアントもそこにかけた時間と費用が無駄になってしまいます。

このような感覚の違いを無くすために、舗や商品をどのようにブランディングしていくのか、しっかりと打ち合わせを行い、共通の認識を持って撮影させていただきます。

 

使用感や質感が伝わる欲しくなる写真を

グルメ雑誌や女性向けの雑誌や企業の商品パンフレットなどはよく見るようにしています。そこに今の流行りや見せ方のヒントが隠れているからです。

ブレのない高画質な写真が売れるのではなく、使用感や質感が伝わる写真。生活が良くなるイメージができる写真がが売れる写真です。商品を購入したお客様の未来を想像しながら撮影しています。

たとえ白背景の写真であっても、商品によって照明の強さや光や影の付け方は異なるため、お客様一人一人の要望に合わせてその都度撮影セットを作り、オリジナル性の高い写真を撮影しています。

撮影費用の目安

店舗イメージ写真撮影 66,000円
商品写真撮影(白背景) 1商品3,300円
商品イメージ写真 (オリジナルセット)1点 33,000円
フリー撮影(1時間)22,000円
フリー撮影(5時間)66,000円

上記料金はあくまでも概算費用です。ご提案と見積書を提示させていただきます。

納品までの流れ

ヒアリング・お見積もり

電話またはZOOMで商品の説明や欲しい写真のイメージをお伝えください。
ヒアリング内容をもとに撮影のご提案と見積書を提示させていただきます。

STEP
1

撮影イメージの打ち合わせ

お客様が求める写真のイメージをより具体的に固めていきます。
商品撮影の場合は、この段階でテスト撮影も可能です。

STEP
2

撮影スケジュール・準備

撮影スケジュールを決め、準備を進めていきます。
天候が影響する撮影は日程変更も可能です。

STEP
3

納品

撮影後に指定の加工編集を行い写真データを指定の納品方法で納品いたします。
納品後の修正などは別料金となりますので心配なことは事前にご確認ください。

web用写真(最小長辺1920px)jpgデータ納品
ポスターなど大型印刷用の高解像度写真は別途編集をいただいております。
※web用写真でも印刷は可能です

STEP
4